家を建てる際は様々な法規制があります。

家を建てる際は様々な法規制をクリアしなければ
なりません。例えば、メジャーな制限とすると敷地
に対する建物の面積の割合である
建蔽率や容積率などがあります。
その他、日影規制と呼ばれるものも
あり、南側にある隣地への
配慮などが求められています。

街の中でも積極的に市街化を促進する市街化区域と、
現状のままの姿で維持するべきとされる
市街化調整区域とが定められいます。
市街化区域の中でも用途地域を定めることで、
より細分化した制限が設けられています。
具体的に建築できる建物の種類まで
制限されています。

家の設計に関係してくるものとしては、
居室の採光面積換気量計算などもあります。
建築基準法上の定めに適合する家かどうか、
建築する前の設計図面の検査と工事が
完了してからの完了審査があり、
合計2回チェックされます。

また、準防火地域などに建設する住宅は、
ガラスに網を入れたり、玄関ドアの仕様を
防火性能の良いものにしたり、
軒天の材料を不燃材料に
しなければならない場合があります。

結果、住宅のコストアップが必要になります。
同じ間取りで同じ外観の住宅でも建設地によって
仕様が変わりコストアップとなりますので
ご注意下さい。

また、新しい土地区画整理事業地内には
地区計画というものが定められていて、
建物と敷地のはなれの制限や家の外観の色、
物置や車庫に関する制限などが定められています。

建築許可申請の際、地区計画にも
適合しているか審査されますので、
こちらも事前にご確認頂ければ幸いです。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の法律とルールの関連記事