接道有無の確認が必要です。

家を建てるには接道している土地でないと
建築許可がおりません。接道義務
よばれるものですが、
道路と公に認められれているものに
接続していなければなりません。

敷地が接している道が、人が通れたり、
場合によっては自動車も通行できるなど
道路のように見えても、
扱いが道路ではない場合があります。
その場合は原則建物
建築ができない土地となります。

土地を購入する場合は、
このような接道義務について
不動産業者や住宅業者からアドバイスがあると
思いますので、安心ですが、
注意が必要なのは親の敷地の中などに
建築する場合です。

基本的に一つの宅地に
一つの家の建築となりますので、
親の土地を二つに分けなければ
家を二つ建てることができません。

敷地を分割した場合に、
両方の土地がそれぞれ接道していなければなりません。
たとえば、接道している間口が狭い南道路の敷地で、
既存建物の北側の余っている
スペースに建物を建てたい場合などは、
接道させるように分割することが
不可能な場合もあります。

スペースがあるのに
建築できないといった場合も
想定されますので事前に役場などに
相談に行くことをおすすめします。

接道が認められる土地の場合でも
その道路幅員に注意が必要です。

原則幅員が4mの道路に2m以上
接道する義務があります。
しかし、道路と認められるものでも
幅員が4m以下の場合があります。

その場合は、セットバックという
行為が必要になります。
道路の中心線から両端に向かって
2mバックしたラインを道路の
境界と考えますので、
セットバックした場合は
敷地内でも道路と考えらえれます。

その部分には住宅が建築できませんので、
設計時に考慮する必要があります。
ご計画の際はご確認頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の法律とルールの関連記事