家を建てる場合に関係する祭事

家を建てる場合は、
工事の進捗と合わせて一般的に
行われている祭事がいくつかあります。

まず、建替えの場合ですと
今まで住んでいた家の解体工事から
はじまりますので、解体祭を行います。

今まで暮らしてきた住まいへの
感謝をこめた祭事になります。
解体する建物の他に樹木や井戸なども
合わせてお祓いしてから
工事をすることになります。

そして解体工事が終わり更地になった状態で、
地鎮祭を行います。
これから土を掘って
工事をすることになるので、
土地の神様にこれからの工事安全を祈願します。

基礎工事が終わり、
大工さんの工事に入ります。
屋根があがった状態で、
次は上棟式が行われます。

最近の上棟式はお餅をまいたり、
のぼり旗を建てたり、
親戚ご近所を呼んで現場で
直会することなどは少なくなりました。
多いのは略式とよばれるもので
参加するのは基本的に家族だけで
直会もしないスタイルです。

上棟式については、
地域によって違いがありますが
神主ではなく大工さんの棟梁
お祓いすることが多いようです。
施主よりご祝儀が出る場合は、
お謡いも奉納されます。

上棟式の次は、家が完成し
入居する前のお祓いになります。
よく火入れ式とよばれます。
新居でのこれからの
生活の安全健康を祈願するものです。

このように、家を建てることに関しては
たくさんの祭事があります。
どれも準備することは大変ですが、
一生に一度の経験になるかもしれません。
ぜひ、思い出の一つに
加えて頂ければと思います。

 

建築面積について考えてみよう

家を建てるときにちょっと考えておきたいのが
建築面積についてです。

ありふれた言葉と思っていませんか?
でも、これ立派な建築用語です。

家のことを隅から隅まで調べてから
建てたい人は知っておくといいかもしれませんよ!
http://kenchiku-menseki.com/hajime/mennseki

 

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の法律とルールの関連記事