家の見積りをとろう。

家を建てるときに、
建物が一体いくらくらいで
建築可能か見当がつかない人は
多いのではないでしょうか。

ほとんどの方が
一生に一度しか体験しない
家づくりですので当然のことです。

家の価格は、
住宅販売会社によって様々です。
構造が木造なのか
鉄骨なのかでも大きく違いますし、
大手の会社なのか
地元の工務店なのかでも相当な
価格の違いがあります。

当然、家の仕様や断熱仕様
に至るまで比較してみないと
良い悪いは決められません。

よく一坪当たり○○万円と
いった広告がありますが、
その坪単価に含まれている
部分がどこまでなのか
わかりません。

例えば住むために
必要な上下水道の接続
工事が含まれていなかったり、
工事用の足場などが別料金と
なっている可能性もあります

計画が進行していく中
で多額の追加費用が
発生してしまっては困ります。

そのような状況を避ける為に、
数社の住宅会社から見積り
をとることをおすすめします。

全ての会社に、
建物本体工事だけでなく、
諸経費も含めて住める状態で
いくらになるか見積りを依頼して下さい。

依頼する際のポイントは、
何部屋必要なのか、
全体の坪数、外観のスタイル、
敷地の状況等家の希望について細かく指示を
お願いします。建物の希望に合わせて、
別途必要と思われる、外構工事や
オーダーカーテン、太陽光発電システム、
冷暖房機器の希望も詳細に
伝えておくとなお安心です。

同じ条件で各社の提案をもらい、
比較検討することで、
価格の相場を確認することができます。

ご注意頂きたいことは、
金額の高い安いだけでなく、
なぜその金額なのかという
理由を見積り書仕様書を見ながら
検討して頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の計画の関連記事