家を建てるときに関係する税金

家を建てる際に関係してくる税金を心配されている
方が多いようです。一般的に、家を建てる人には
不動産取得税と固定資産税が課せられます。

まず、不動産取得税は、土地を購入した場合と建物を
新築した場合に課せられます。ですので、新しく土地
と建物を購入する場合はどちらも一度だけ
課税されることになります。

しかし、要件を満たす場合は減税となりますので心配
には及びません。まず、土地については取得から3年以内に
住宅を建てる場合は不動産取得税が減額となります。
建物についても、面積の制限がありますが不動産取得税の
軽減措置があります。建物に軽減措置が適用となると建物
の規模が小さい場合は、不動産取得税が0円の場合もあります。

次に固定資産税ですが、土地と建物を所有している人に
課税される税金になります。所有し続ける限り課税され
ますが、一般的に建物については築年数が古くなると
物件の評価額が安くなるため、固定資産税も安くなります。

また固定資産税も不動産取得税と同じく、建物を建てた
場合に軽減される制度があります。建物を建築してから
3年間の期限付きになりますのでご注意下さい。

今回ご紹介したどちらの軽減措置も平成26年度の制度に適用
した場合になります。その年度ごとに制度が改定となる
可能性もありますので、家を建てる年の制度
ぜひご確認下さい。

ハウスメーカーなどの住宅販売会社によっては、
購入予定の土地と住宅について税金の額を
試算してもらえるサービスを実施しているので、
一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の資金調達と税金についての関連記事