固定階段付小屋裏収納を活用しよう。

家を建てた後で
後悔する事が多いと言われているポイントの一つに
収納の確保があります。
もっと収納を造っておけばよかった
という場合が多いようです。
しかし、家の面積には限りがありますので、
造ることができる収納量も限定されてしまいます。

そこで、
おすすめなのが小屋裏収納の活用です。
小屋裏収納は、
家のデットスペースを利用することができますので、
大変おすすめです。
小屋裏に入ることができる家に
憧れている人も多いはずです。
小屋裏の内部の天井高が1400mm以下になっていると
床面積に含まれませんので、
2階建ての家として最大にスペースを
活用することになります。

さらに桧家住宅が提案する小屋裏収納は
固定階段付きです。
通常の小屋裏収納は梯子や
折り畳み式の階段などで登っていくスタイルです。
このスタイルでは、
足場が安定しないため
重たい荷物や大きい荷物の運搬に不便でした。
しかし、固定階段付小屋裏収納にすることによって
そのデメリットが解決されます。
家族全員で活用できる小屋裏収納になりますので、
様々な用途に使うことがきるようになります。

また、桧家住宅の家では、
屋根に断熱遮熱構造を採用していますので、
小屋裏収納の内部も室内とほぼ同じ
快適な環境を保つことができます。
生活空間はそのままに、
収納スペースをアップさせる画期的な方法ですので、
ぜひこれから家を建築される方に
取り入れて頂ければと思います。

なお、地域によっては
固定階段が認めらない場合もありますので、
建築予定エリアにてご確認下さい。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅の快適提案の関連記事