長期優良住宅認定制度の利用について

家を建てる予定の人におすすめなのが
長期優良住宅認定制度です。

制度の概要は、日本の住宅は昔から
寿命が30年程度と言われていました。
造っては壊す作業の繰り返しで、

住宅の資産価値は年数が経過するに
つれ失われていきます。
しかし、ヨーロッパの住宅は100年以上
築年数でもしっかりとした
佇まいで存在し続け、
資産価値も維持しています。

ヨーロッパの住宅を見習い、
日本の住宅も資産価値の落ちないものにすることで、
中古住宅として流通する際に資産価値があり、
建て主へのメリットとにもなる、
高値の取引が可能な家を目指す制度が
長期優良住宅認定制度です。

制度の内容は、長期間優良な
住環境を保つことができるように、
省エネ性能、耐震性能、維持管理に
ついてなど一定の基準をクリアした
住宅に適応されます。

この制度を利用した人には
税制面で減税のメリットがあります。
また住宅ローン控除についても通常より
優遇を受けることができます。

利用にあたってご注意して頂く点は、
認定制度を利用すると
通常の建築確認申請期間に加えて
約1か月程度の時間が必要になります。

また、長期優良住宅認定制度対応の住宅は
通常の家よりもコストが高くなります。
税制面の優遇もありますが、
建築費用の額も事前にご確認下さい。

住宅販売会社によっては標準仕様で
長期優良住宅となっている場合もあります。
その場合は、別途で制度利用の際の
申請費用や手数料が必要となる場合も
ありますのでご確認頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の法律とルールの関連記事