不動産投資

家を買う予定の方は、ほとんどの人が自分で住むことを
目的として購入を検討していると思います。

最近ではその中で不動産投資を目的として家を買いたい
考える人が増えているようです。

不動産投資には、基本的には購入した家を自分で住むのでは
なく、別の人に貸して家賃収入を得る方法と購入した金額以
上の価格で販売し利益を得る方法
の二つがあります。

投資する物件は、居住用の物件と事業用の物件の二つがあり
ます。居住用の物件についての投資はリスクも少なめですが
利益もあまり望めないと言われています。しかし、今居住用
の物件に対する不動産投資を行う人が増えてきています。

その理由として、サラリーマンの副業として行う人が増えて
きたからです。大きな利益を得ることは難しいですが、リスク
も比較的少なく、副業としての収入としては十分なメリット
を得ることができる可能性がある
からです。最初に物件を購入
する為の資金は必要になりますが、立地や物件内容によっては
長期の家賃収入を期待できます。

都市部ではマンション、郊外や地方では一戸建て住宅への投資が
多くなっています。今までは家賃収入を得ると考えると、地主
が遊休地にアパートを建てて経営をするイメージが強かったと思
います。しかし、これからは普通のサラリーマンが資産形成の
手段の一つとして不動産投資
を行っていくようになります。

比較的手軽に始められる不動産投資ですが、やはり少なからず
リスクは発生します。自然災害で物件に損害がでたり、入居者が
見つからないケースなども想定できますので、物件選びは慎重
行って頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を買った後に必要なことの関連記事
  • category
    家を買った後に必要なこと

    家を買う楽しみの一つに、自分の手でカスタマイズする楽しみがあります。昔から日曜大工と呼ばれて、家具をつくったりウッドデッキなどを手作りしているお父さんは多いのではないでしょうか。