家を建てる為に土地を探そう。

若い世代の方が家を建てる場合、土地を購入する
必要がある方がほとんどだと思います。
建物を建てる為にはまず敷地となる土地を探す
必要があります。

一般的に土地を探すというと不動産屋さんを
イメージすると思いますが、最近は住宅販売会社に
土地探しも依頼する方法がおすすめです。
その理由は、住宅販売会社がすすめる土地は
必ず住宅が建てられる土地だからです。

世の中には建物が
建てられない土地が存在します。
接道義務を果たしていない土地であるとか、
市街化調整区域の
農地を人的要件の果たせない人が買う
場合であるとか様々です。
また、建設は可能ですが、
上下水道の引き込み工事に
何百万円もの工事が必要な実質住まいの
計画ができない様な土地も存在しています。

基本的に不動産屋さんは
土地を売って報酬を得ますが、
住宅販売会社は建物を工事して初めて報酬を
得ます。結果、必ず建物を建てられる土地を紹介して
くれることになります。

住宅着工数の多い会社には、
自然に土地情報も集まります。
土地を売りたい人は、
すぐ売ってくれそうな会社に
集まっていきます。

特におすすめなのが、
住宅販売会社で独自に造成する分譲地です。
分譲地の情報は、公にする前に
事前にそのエリアで土地を
探している方に内々で紹介してから
宣伝を開始するのが一般的です。

新しい分譲地は道路の幅員もしっかりしていますし、
隣地の境界線もはっきりしています。
住む家族も自然に同世代が多く集まりますので、
ご近所付き合いも安心です。

ぜひ優良な土地情報を入手する為に、
ご参考にして頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際ための情報収集方法の関連記事