家を建てるために重要な事前準備

家を建てるということは、
一般的に一生に一度の
大きな買い物と言われています。

それだけに皆さん慎重になって
計画を進めたいと
思っているのではないでしょうか。

家を建てると決めてから、
すぐにどの住宅会社にするか
カタログ等の資料請求をする方も
多いようです。

しかし、その前に
まずしておかなければ
ならないことがあります。
それは家族会議です。

例えば、二世帯住宅を建てると
決めた場合、キッチンや風呂は別にするのか、
玄関から分かれる
完全二世帯住宅にするのかなど
間取りのことだけでも
世帯ごとに希望が違います

根本的に一緒に住むこと自体、
皆賛成しているのかも
確認する必要があります。

とことん腹を割って
話し合いをすることが大切です。
家族全員が同じベクトルを向いていないと、
住宅建設と言った
大きな事業は進めていけません。

これは単世帯住宅でも
同じことが言えると思います。
奥さんの希望とご主人の希望が
違うだけでも、意見調整するのは
大変なことです。

最も夫婦間であれば
ほとんどの場合奥さんの
意見が強いようですが。

この家族会議が整わないうちに
計画を進めてしまうと、
必ず途中でストップしてしまいます。

貴重な時間を
無駄にするだけでなく、
事前に話し合いをせずに
計画を進めたことで、
家族関係にヒビがはいる
可能性もあります。

家を建てるということは、
その後の人生設計に大きく影響します。
住む人全員が幸せになるための家ですから、
ぜひ腰を据えて話し合いをして
頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の計画の関連記事