親から資金を贈与をしてもらい家を建てる

家を建てるということは、
大きなお金が動くことになります。
住宅ローンや自分で貯めた自己資金の他
に親から資金の援助を受ける人は
多いのではないでしょうか。

親から資金の援助をもらった場合は、
贈与税のことを確認して下さい。
具体的にご説明させて頂くと、
贈与してもらった金額によって
税金がかかる可能性があります。

贈与してもらった金額のうち年間110万円までは
非課税ですが、それを超えた部分については
原則贈与税の対象になります。
例外として平成26年中の親からの贈与で
あれば、一般の住宅を購入する為の資金であれば
500万円まで非課税となります。
住宅性能が一定の基準をクリア
している場合は購入資金の
1000万円まで非課税となります。

ほとんどの場合が一般の住宅を購入するケースなので、
合計の610万円まで贈与税の非課税枠が利用できます。

では、610万円を超えた額を贈与してもらう場合はどう
なるかというと、超えた分の持ち分を親が持つという
ことになります。しかし、どうしても
ご主人の単独名義にされたい場合、
おすすめなのが相続時精算課税制度です。

贈与した時点では贈与税は課せられず、
その親が亡くなった際の相続税を計算する際に、
その贈与した分の資産を相続財産に加算して
税金を算出するといった制度です。

片方の親から2500万円を限度に利用できる制度です。
贈与をする親の年齢とそれを受ける子供の年齢など
制限がありますので、
税務署に一度ご確認頂ければと思います。

なお、贈与を受けた場合は
確定申告が必要になりますので
忘れずに行って下さい。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てる際の資金調達と税金についての関連記事