補強コンクリートブロック工法

よくホームセンターなどに、
コンクリートブロックなるものが売っていますが、
補強コンクリートブロック工法は、
このブロックを積み上げ、穴の中に配筋し、
モルタルを充填して壁を作る方法です。

構造があまり強くありませんので、
基本的には、屋根や床、梁、基礎などは、
鉄筋コンクリート造りにします。

空洞部分が多いので、断熱性能に勝り、
耐力壁の配置、構造、配筋などが、
直接、建築基準法
記述的に決められているので
設計しやすいという利点があります。

このコンクリートブロックには、
A種B種C種があり、開口部を多くとるためには、
最も強度の強いC種が用いられます。

この補強コンクリートブロック工法が
進化して、型枠コンクリートブロック工法
となりました。

これは、ブロックとしてH型L型Z型T型を
使用するもので、内の中空部分に配筋して、
コンクリートを打つことによって
壁を作るものです。

前者より後者の方が、
コンクリートを打つ分
強度的に勝っています。

しかし、法律上はその壁量は同等に扱われ、
15cm/㎡以上です。部屋の広さも決まっていて、
60㎡以下、壁厚は15cm以上、鉄筋は9mm以上
のものを80cm以内の間隔で配筋し、隅角には、
12mm以上の縦筋が必要などと、制定されています。

部屋の間取りも、
階数も制限を受ける工法で、
あまり大きな建築物は造れないので、
注意が必要です。

ただ安藤忠雄の設計事務所は、この工法で
造られており、ブロックの素材の風合い
美しく演出して、名建築となっています。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!一軒家で鉄筋コンクリート造りの関連記事