ハイブリッド工法の高耐久住宅

これから家を建てる予定の方にとって、
住宅の構造は非常に重要です。
住宅が完成してしまってからでは
確認することのできない部分ですし、
家の中でもっとも
コストがかかっている部分も構造であると言えます。
ぜひ計画
段階から比較検討して頂き
安心して暮らせる家を建てて頂きたいと思います。

そこでおすすめなのが桧家住宅の家です。
桧家住宅では、ハイブリッド工法として、
従来からある在来工法
ツーバイフォー工法を融合させたものを採用しています。

従来の在来工法は太い柱と梁が特徴で、
壁には筋交いと言われる斜めに
使用する部材で家に耐震性をもたせていました。
しかし、デメリットとしてあげられるのが、
筋交いは構造上、点で力を受けてしまうので、
ある一点に集中して
力がかかってしまうことがあげられます。
さらにに力がかかる方向によって
耐力に差が出ることもデメリットの一つです。

ツーバイフォー工法は、
柱と梁が無く壁を中心として形成された家になります。
筋交いとは異なり、
面で耐震性を保ちますので、
力のかかる方向により、
耐力に差が出ない大変優れている構造です。
しかし、窓の取り方や空間の取り方に
制限が出てしまうデメリットがあります。
また将来のリフォームも難しい場合があります。

この二つの工法の良い点を合わせたのが、
桧家住宅のハイブリッド工法です。
太い柱や梁はそのままに、
ツーバイフォー工法の面構造を取り入れ
耐震性能を向上させた工法ですので
安心して末永くお住まい頂けると思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅のおすすめポイントの関連記事
  • category
    桧家住宅のおすすめポイント

    桧家住宅のお勧めポイントとしてオリジナル商品の開発と採用をしていることがあります。特に注目なのが、オリジナルの耐力面材です。従来の面材として採用していた構造用合板よりも薄くなっているのですが、強度は高くなっている優れた商品になります。