オリジナルの耐力面材を採用

桧家住宅のお勧めポイントとして
オリジナル商品の開発と採用をしていることがあります。
特に注目なのが、オリジナルの耐力面材です。
従来の面材として採用していた
構造用合板よりも薄くなっているのですが、
強度は高くなっている優れた商品になります。

この面材は、一度木材をチップにしてから
再形成しているものですので、
材料ごとの品質が安定しています。
また、家の天敵でもあるシロアリにも強く、
湿気を逃がしやすい性質を持っている材料ですので
地域を問わず使える商品になります。

壁に使用する面材ですので、
やはり湿気を逃がすことができるということは
重要なポイントです。
壁体内結露を防止するすることで、
断熱材が湿ることもありませんし、
家自体の耐久性を保持することができます。
この面材は、
従来の構造用合板のなんと10倍もの透湿性能を持っているので、
信頼のできる商品になります。

構造用の耐力面材は、
家が完成してしまったら全く見えてこない部分です。
しかし、長期に住むことができる家を作る上では
欠かすことのできない材料です。
目に見えない部分だからこそ、
こだわりを持ってオリジナル商品の開発に取り組む、
良い家づくりに真面目に取り組んでいる
会社の姿勢が表れていると思います。

一つ一つの材料に高品質な商品を
選定している桧家住宅であれば、
一生に一度の事業と言われる家づくりを
安心して任せることができます。

他社とは違うオリジナルの家を
ぜひ体感して頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅のおすすめポイントの関連記事