メンテナンス費用について

新築、中古どちらの家を買う場合でも気を付けなけ
ればならないことがあります。それは将来に渡っての
メンテナンス費用です。

購入当初はあまり意識しないことが多いですが、長年
住んでいく中で必ずメンテス工事は必要になっていきます。

例えば屋根の塗り替え工事は新築ですと10年から15年程度
経過した後に必要になります。一度塗装すると次の塗り
替えは塗料の寿命の時期になります。また外壁についても
メンテナンスが必要
です。塗り替えについては新築住宅であれば
築20年前後で必要になると考えられます。また外壁材の目地を
埋めているコーキング材については日の当たる場所によっては
10年程度で打ち直しが必要になる場合があります。

また、室内でもメンテナンスが必要になる部分があります。
例えばキッチン台や洗面化粧台などの水回り設備機器は10年
程度経過すると交換が必要になる場合もあります。

壁紙クロスは煙草を吸う方がいる家庭ですと、こちらも張替が
必要になるケースがあります。クロスはもともと張替が可能な
商品ですので室内イメージの一新の為に張替をする場合もあり
ます。さらに室内でペットを飼っている場合などもクロスが傷
つく場合もありますので張替等補修が必要になる場合があります。

他には網戸の張替や障子の張替、細かい部分では照明の電球の
取り換え
もメンテナンスの一部に含まれます。自分でできること
は当然自分で行うことで余計な出費を抑えることができます

しかし、クロスの張替などプロに任せる必要のある工事は事前
に見積もりを依頼して、費用を確認
してから依頼されることを
おすすめします。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を買う前に知っておきたい住宅購入に関する知識の関連記事