中古住宅購入のポイント

家を買うことを考えている方の多くは、新築か中古
住宅かで迷っている
と思います。

当然ですが、同じエリアで仕様、建物の面積が同程度
であれば、中古住宅は新築住宅よりも安く購入するこ
とができます。

中古車は、明確に整備の状況や走行距離が判りますし、
同じ車種で何台も検討することができます。しかし、
中古住宅は構造や断熱性能について、一般の方が良し
悪しを判断することはなかなか難しい
部分があります。

そこでポイントなのが、その中古住宅の施工会社の確認
です。大手住宅メーカーの住宅であれば中古住宅を仲介
している不動産会社
もセールスポイントとして公開して
いますので確認してみて下さい。大手住宅メーカーの
比較的新しい家であれば、中古住宅の中では値段が張り
ますが、構造や断熱性能についてある程度予測ができます。

また、中古住宅を購入したいと考える理由の一つに、
いずれ家族構成が変化したときに、建替えをすることを
前提
にしていることも多いようです。その場合は、ある意味
土地代として中古住宅を考えることもできますので、
建物の性能などよりも、中古住宅の立地、土地形状などを
優先的
に考えて、リーズナブルな物件を購入したほうが
良いかと思います。

また、土地代が高い人気のエリアに家を買いたいと考えて
いる場合なども、新築では予算が合わないため仕方なく
中古住宅
を購入するといったケースも多いようです。

さらに、最近では築年数が古い住宅を内装、住宅設備のリフォーム
工事を施したあとに販売する物件
も増えてきています。
築年数が古い分リーズナブルに購入できます。リフォーム後の
中古住宅内覧会
も行っていますのでぜひご覧いただければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を買う時の【選ぶポイント】は?の関連記事