バブル時代に家を建てた時のこと1

バブルがはじけた直後位に家を建てました。
最初は土地代も家も高かったので
中古物件を探していました。

しかし、当時は中古物件
そこそこの値段がして
手頃な物がなかなか見つかりませんでした。

そうこうしているうちに
バブルがはじけて土地代
徐々にですが下がってきました。

同じローンを組むのであれば
新築でも変わらない位になってきたので
思い切って家を建てる事にしました。

工務店に依頼したので自由設計でした。
風水も気にしながら色々部屋割りを考えました。
主人が立体的なことが分かりにくかったので、
厚紙でモデルも作ってみました。面白かったです。

10年以上前の日本家屋
こんな作りは珍しい物になりました。
今では珍しくないかもしれません。
10年経つと色々な物が変わってしまいますね。

お金にそれ程ゆとりがあった訳ではないので、
内装は安い物になってしまいました。
住み始めるとやはりこうすれば
よかったなという部分が出てきます。

今から思うと物を買う事が
ステイタスだった世代なので、
収納スペースがたくさんあって物が溢れています。
夫婦2人だけなので、
もっとこじんまりした家で良かったかもねと
今更ながら思います。

工務店に頼むと家が
出来上がっていくに従って、
内装を徐々に選んでいくことが出来ます。
主人のご両親が建てた家は
ハウスメーカーに頼んだので、
大変でした。

今はハウスメーカーも自由設計がある程度
出来るようになっていますが、
10年前はまだ規定があって
選べる種類がほぼ決まっていて
一日缶詰で全てを決めさせられました。

夕方になると思考能力も衰えてきて
何でも良くなってしまいました。
あれは大変だったのを忘れる事は出来ません。
次の日体調を崩して会社を休んでしまいました。

今は土地代も暴落してしまい、
家の資産額も減ってしまいました。
でも、お気に入りの家で外出したくない家です。
一日いても飽きない家で良かったと思っています。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てた体験談・経験談集パート2の関連記事