将来を見据えた二世帯住宅のポイント

家を買うことを計画している方の中には、現在は
単世帯ですが将来親と一緒に住む可能性があると
いう方がたくさんいらっしゃいます。
その場合は家の間取りが非常に重要になります。

例えば、建売住宅を購入する場合ですと、最初から
二世帯住宅の間取りの家はほとんどありません

1階に和室のある4LDKの家が多くあります。
その和室に親を引き取り、二世帯で住む場合ですと、
畳数が少し広めの家を選ぶとよいかと思います。
また、敷地形状に余裕があり、二世帯住宅となるまで
まだ期間があいている場合などは、将来部屋を増築
することも視野にいれて検討して頂ければと思います。

家族構成は将来必ず変化して行きます。合わせて
ライフスタイルも変化していきます。しかし、家の
間取りはなかなか変えることはできません。当初から
変化をある程度見据えた考えが必要になるかと思います。

具体的な例を考えてみると、和室だけでなく、将来子供が
独立した場合は、二つだった子供室をワンルームにリフォーム
して親世帯の寝室とするであるとか、当初リビングの隣
にある居室をオープンで使い、子供が大きくなったら
仕切り壁を設けて子供部屋とするなど、家の中だけの
リフォームで対応できることもあります。

基礎や屋根を増やす工事ですと大掛かりになってしまいます
ので、内部のリフォームを有効に活用して頂ければと思います。
このように、少しの工夫で長く住み続けることができるので
あれば、最初から完全に要望を満たしている家でなくても、
将来の変化に対応できるのではないでしょうか。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!将来を考えて家を買う方針を決めるの関連記事