10年たった我が家

我が家に住むようになって、
もう10年が経ちます。
さすがに建てた時はピカピカの家でしたが、
10年もたてばあちこちにガタが来はじめ、
昨年はとうとう屋根と外気を
すべてリフォームする工事をしてもらいました。

工務店の方によると、
屋根のスレート(うちは瓦ではなく、
スレートを使った屋根です)
の端が浮いてきていたり、
止めている文字かゆるんで方々に
なっていたりしていそうです。

屋根に上った時の
写真も見せてもらいましたが
だいぶんひどいものでした。

10年前、それまで住んでいた
賃貸のアパートに、
どうしても下の娘の学習机が置けなくなり、
斜め前の空き地に作りかけていた
新築の家を購入することにしました。

だから、夏休みを使って自分たちで
運べる本や各自のものは自分たちで運び、
どうしても運びきれない物や
新しいベッドなどは、
運送屋さんにお願いして
運んでもらう事にしました。

できかけている時、
すぐそこなので何度も見に行きました。
今流の「2×4」の建築なので。
どこかで作ってきた壁の材料を立て、
それでだんだんと家の形ができていくのが
不思議でたまりませんでした。

「これで丈夫になるんだろうか、
いや逆に日本建築のようにした方が
揺れが来たときには
重くて耐えられなくなるから、
こっちの方がいのかも・・・」

と20年前に
「阪神・淡路大震災」を経験し、
自宅とその中にあった思い出のものを
たくさんなくしてしまった
経験があったので、
つい、そんな事ばかりが心配になりました。

「とにかく時間はかかってもいいから、
ゆっくり丈夫に作ってください」
とそればかりをいつも工務店の人たちとの
打ち合わせの最後にお願いしていたのを
覚えています。

あれかせ10年が経ちます。
上の娘はもうすぐ留学へ行って
家にいなくなります。

下の娘も、部活の学習塾やピアノに
ととびまわっているうえに
「時期遅れの反抗期」のせいか、
家に帰ってきても口数が少なく、
すぐに自分の部屋へ行って
音楽を聴いています。

というわけでいつも夜は、
妻リビングには妻と二人、
アイスコーヒーを飲みながら、
半分うつらうつらしながら
ニュースを見ている毎日です。

「こんなのやったら
ここまで大きな家はいらんかったな」

と、つい冗談もでる始末。
家はできても、中身のいる人間が
大事なんだよなぁと
つくづくと思う今日この頃です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家を建てた体験談・経験談集パート1の関連記事