建築と美術

しかし、同時に芸術的側面も、
確かに持ち合わせています。

特に、住居ではなく
大型公共施設ともなると、
街の景観を彩る外見も
必要条件になってきます。

しかし、普通の一軒家を考えるとき、
あまり外観は重要視できません
外観を美しくしようとすると、
どうしても生活することに対する
住居内の機能面に支障を来たしてきます。

家の形を芸術的に独創しようとすると、
部屋の形が矩形にならなくなり、
デッドスペースが増えたりします。

生活者のための設計の原則は、
奇を衒わずに、部屋も建物も、
矩形が一番いいということです。
曲面を入れた建物は、
生活しづらいのです。

そして、毎日生活する住居なので、
少しの違和感が、つもり積って
絶大な住みづらさになり、
住む人の生活や人生を暗くしてしまいます。

ですから、住宅は外見の芸術性よりも、
むしろ機能的な住みやすさ
重要なのです。

壁紙の色一つにしても、
芸術的なカラフルな模様にするよりも、
こころの落ち着くホワイト系の無地
一番適しているのです。

ル・コルビジェも、建築をやる前は、
美術的な絵画を描いていました。
しかし、かの巨匠は、芸術面よりも
機能面を重視したのです。

それが、前項に挙げた名言でした。
このように、住宅は、住みやすさ
一番大切な造作物なのです。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!一軒家の概要の関連記事
  • category
    一軒家の概要

    みなさん「一軒家」と聞いて、 何を思い浮かべるでしょうか。 「マイホーム」「設計」「木造」などなど、 ひとそれぞれ、いろいろ考えるでしょう。

  • category
    一軒家の概要

    再掲、ル・コルビジェ曰く 「建築は、住む機械だ」 機械というものは、いろんな部品が 設計どおりの形を保持して、 組み合わさって動いている人工物です。 住宅が、「機械」だと言われると、 拒否反応を示す人もいると思います。

  • category
    一軒家の概要

    このようなことを踏まえながら、 一軒家というのは、どのように、 建てたらよいかということを、 以下の項目にて述べていきます。 あくまでも、読者様が、 建築設計に対して素人さんである という設定の上で、 話を進めさせていただきます。