建築物

「建築物」の規定は、建築基準法第1章
第2条第1号にあります。

「土地に定着する工作物のうち、
屋根及び柱若しくは壁を有するもの
(これに類する構造のものを含む)、

これに付随する門若しくは塀、
観覧のための工作物又は
地下若しくは高架の工作物内における事務所、

店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設
(鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する
施設並びに跨線橋、プラットホームの上家、
貯蔵槽その他これらに類するものを除く)をいい、
建築設備を含むものとする」

つまり、普通の住宅の場合、物置や門や塀も、
建築物に含まれるということです。

その他、給排水設備や消火設備、電気設備、
ガス設備、冷暖房設備、煙突などの建築設備も、
建築物だということです。

ただし、物置や貯水槽などでも、
高さが1m以下のものは建築面積には
算入しないので、注意が必要です。
一般的住宅には、あまり関係ないですが、
観覧車や貯水プラント、プラットホームの屋根などは
建築物に含めないことも、知っておきましょう。
このように、建築面積とは何であるかを、
法令を引用しながら見てきました。建築物の
占有する面積が、建築面積であるということですが、
では、この建築面積は、どのような意味を
持っているのでしょうか?
それを以下の項目で、見ていきたいと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!建築面積を考えるの関連記事
  • category
    建築面積を考える

    「建築面積」というと、皆さん、 簡単な用語だと思われると思います。 ともすれば、一般の口語で、 専門用語ではないと、思われる方も 多くおられるかも知れません。 しかし、この「建築面積」という言葉は、 実は、建築用語です。

  • category
    建築面積を考える

    具体例を挙げますと、 ピロティーなどの1階が吹き抜けになっていて、 鉄筋コンクリートの柱だけで構成され、 2階に出っ張った部屋があるような建物の場合、 上から見た建物の輪郭線から1m引っ込んだ線を 輪郭線として建築面積を算出します。