建築面積を考える

建築物

「建築物」の規定は、建築基準法第1章
第2条第1号にあります。

「土地に定着する工作物のうち、
屋根及び柱若しくは壁を有するもの
(これに類する構造のものを含む)、

これに付随する門若しくは塀、
観覧のための工作物又は
地下若しくは高架の工作物内における事務所、

店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設
(鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する
施設並びに跨線橋、プラットホームの上家、
貯蔵槽その他これらに類するものを除く)をいい、
建築設備を含むものとする」

つまり、普通の住宅の場合、物置や門や塀も、
建築物に含まれるということです。

その他、給排水設備や消火設備、電気設備、
ガス設備、冷暖房設備、煙突などの建築設備も、
建築物だということです。

ただし、物置や貯水槽などでも、
高さが1m以下のものは建築面積には
算入しないので、注意が必要です。
一般的住宅には、あまり関係ないですが、
観覧車や貯水プラント、プラットホームの屋根などは
建築物に含めないことも、知っておきましょう。
このように、建築面積とは何であるかを、
法令を引用しながら見てきました。建築物の
占有する面積が、建築面積であるということですが、
では、この建築面積は、どのような意味を
持っているのでしょうか?
それを以下の項目で、見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 建築面積とは?2
  2. 建築面積とは?1

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP