建築面積を考える

建築面積とは?1

「建築面積」というと、皆さん、
簡単な用語だと思われると思います。

ともすれば、一般の口語で、
専門用語ではないと、思われる方も
多くおられるかも知れません。
しかし、この「建築面積」という言葉は、
実は、建築用語です。

建築基準法の規定があって、
法的定めのある用語なのです。
それは、建築基準法施工令第一章総則の
第一節第二条第二号に規定されています。

即ち「建築物(地階で地盤面上1以下にある
部分を除く。以下この号において同じ)の
外壁又はこれに代わる柱の中心線(軒、ひさし、
はね出し縁その他これらに類するもので
当該中心線から水平距離1m以上突き出たもの
がある場合においては、その端から1m後退した線)
で囲まれた部分の水平投影面積による。

ただし国土交通大臣が高い開放性を有すると認めて
指定する構造の建築物又はその部分については、
その端から水平距離1m以内の部分の水平投影面積は
当該建築物の建築面積に算入しない」

法例文ですので、随分判りにくい表現ですが、
要するに、大雑把に言って、
建築物の建っている面積のことです。

細かく言えば、高さが1mより高い部分の
建築物の敷地内の占有面積で、ひさしなど
出っ張りのある場合は、上から見て
出っ張りの外端の輪郭線から
1m中に引っ込んだ線を建築面積の輪郭線として、
面積を算出します。

ただし書きの部分は、国土交通大臣が、
開放性が高いと認める場合は、
上から見た建物の輪郭線から1m引っ込んだ
輪郭線を建築面積の算定面積として
計算するということです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 建築物
  2. 建築面積とは?2

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP