キッチンウォールキャビで魅せる収納へ

家の中で整理整頓が難しい場所は、
キッチンだと言われています。
毎日必ず使用する部屋ですし、
流し台の周りなどは、
調味料や調理器具であふれていることが多いと思います。
忙しい方ですと、
休みの日にまとめて片づけるという場合も多いでしょうから、
平日などはあまり手間をかけられないのが
現状だと思います。

最近の住宅設備機器メーカーの流し台は、
そのもの自体の収納力が高くなっています。
大きな鍋からお箸などまで
収納できる流し台がほとんどです。
しかし、実際に生活している人の意見では
流し台の収納だけでは全然足りていないとのことです。

そこで、よく採用されるのが食器棚です。
流し台と同じメーカーのものを採用すると
同じ面材で作成することができますので
統一感のあるコーディネートが可能になります。
収納量もアップしますので、設置される方は多いようです。

桧家住宅では従来の食器棚よりも格段に
収納力を向上させて
オリジナル収納システムの
キッチンウォールキャビを採用しています。
キッチンウォールキャビは、
スタイリッシュなデザインで
どんなキッチンにも自然に融合します。
キッチン収納というと
以前は乱雑な部分を隠すというような
使い方をされることが多かったのですが、
キッチンウォールキャビは
魅せる収納をコンセプトに様々な工夫がされています。
一般的なキッチンにある
吊戸棚と食器棚の収納量に比べ約76%も容量が増えています。
炊飯ジャーやポットなども収納できる
家電収納部分も搭載していますし、
引き出し収納部分には細かいものも
分けて入れることができるので大変便利です。
毎日使う部分ですので、
やはり快適に使える工夫が必要だと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅のオリジナル商品の関連記事