間取りを考える2

それと、部屋の形を歪にしないことも
重要です。基本的に、部屋の形は矩形で、
凸凹が無いほうが、その部屋に住む人にとって
便利です。凸凹していると、家具の位置
制約を受けてしまい、あるいは、壁の風合いが
違和感を生じ、住む人にとってマイナスです。

他の部屋や収納などの制約を受けるのですが、
その辺を上手く考えながら、
各部屋を矩形に納めていくのが、
エスキスを練る上での基本です。

日々使う家であり、環境である家は、
ちょっとした不都合違和感が、積り溜まって、
せっかくいい施工をしても、設計が良くないと、
嫌な家になってしまいます。
嫌な家に住んでいると、住人の人生自体が
暗くなっていってしまいます。

そうならないためにも、間取りを考えるときは、
慎重に丁寧に、抜かりなく、考えていきましょう。

特に新築する機会のある方は、
何でもかんでも建築任せにするのではなくて、
一度、自分で、間取りを考えて図にしてみることを
お勧めします。住宅というものは
価格の非常に高い商品であるので、
後悔のなきように、造らねばなりません。

建築士の思惑自分の希望が異なること
あると思うので、練って作ったエスキスを、
建築士に見せながら、妥協するところは妥協して、
納得のいくように設計してもらうと良いです。
そうすれば、間取りに満足の行く
良い家が建てられるでしょう。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!間取りまとめの関連記事
  • category
    間取りまとめ

    住宅と間取りは切っても切れない 関係です。住宅の機能の半分は、間取りから 来ているともいえます。 いくら高性能の住宅を造っても、 間取りがうまく行っていないと、住む人は 住みづらく感じてしまい、 失敗住宅になってしまいます。

  • category
    間取りまとめ

    ここまで、ひととおり間取りを考えるために、 参考になるような記事を書いてきました。 少しは、どうやれば間取りを考えられるか、 がつかめたと思います。