ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、
ディメンション・ランバーと呼ばれる
規格化された骨組みと構造用合板により、
釘止めした壁パネルを作り、
その壁パネルを積み上げていくことで
建築していく工法です。

壁パネルの枠組み間隔
455mmとして筋交いは入れません。
このため耐力壁の長さが
長くなり、開口部が少なくなる
傾向があります。在来工法よりも、
開放感が少なくなります。

基礎の上に土台を敷き、
2×12のようなせいの大きな
根太を並べて、その上に床張りの
合板を釘打ちし、建物の外壁側
壁下張りの合板を貼った後に、

それを支持点として
壁パネルを立て、耐力壁同士は頭つなぎで
釘打ち止めにします。

接合部が、全て釘打ちであり、
在来工法のように仕口を設けないので、
大工の熟練度が、
それほど問われません。

なあ、壁パネルが矩形に配されるのは、
在来工法と同様であり、
広い部屋が作れないのも同様です。

充填断熱の施工がしやすく、
開口部が少ないため、断熱効率
高くしやすいです。

耐力壁の外側に、通気層と外壁を
設けた外壁通気工法にも対応しています。
外壁通気工法は、室内側に
防湿シートを貼ることで、
結露による充填剤の湿度を低くして
防湿性と断熱性が高まる工法です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!一軒家で木造の関連記事
  • category
    一軒家で木造

    木造で最もポピュラーな工法が、 在来工法と呼ばれるものです。 これは、柱を建てて梁を飛ばし、 筋交いを嵌めた耐力壁としての軸組みを 床面積の広さに応じて、 バランスよく配置していく工法です。

  • category
    一軒家で木造

    これは、丸太や角材を横に 重ねて積み上げ、壁を構成する工法です。 いわゆるログハウスというもので、 井桁に組んで部屋を作ります。