建ぺい率

敷地面積

さて、建築物の面積はどのようなものか、
を見てきましたが、この項では、今度は、
建築面積がどのような意味を持つかについて、
見ていきましょう。

建築物は、敷地の中に建てられます。その際、
その敷地が、どのような場所にあるかによって、
敷地面積の何割の面積まで、建築物を建ててよいかが、
決まっています。
これを、建ぺい率と言います。

すなわち、建築基準法第3章第53条により
「建築物の建築面積(同一敷地内に2以上の建築物
がある場合においては、その建築面積の合計)の
敷地面積に対する割合は、次の各号に掲げる区分に従い、
当該各号に定める数値を超えてはならない」

ここで、ふたつほど注意すべき点があります。
ひとつは、「敷地面積」です。

敷地面積も、建築基準法施工令で定まっています。

「敷地の水平投影面積による。ただし、建築基準法
第42条第2項、第3項または第5項の規定によって、
道路の境界線とみなされる線と道との間の部分の
敷地は算入しない」

条文が少々ややこしいので、解説すると、
前面の道路の幅員が4m未満の場合は、道路中心線から
2mの線を敷地の境界線として、敷地を計算します。

また、前面道路の住宅とは反対側に
がけや川、線路などがある場合で、その前面道路が
幅員4m未満の場合、道路の反対側から4mの線を
敷地境界線とします。

つまりは、住宅前の道路は、幅が狭い場合でも、
4mを確保して道路にするという法的規定です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 建ぺい率とは?
  2. 建ぺい率の特例
  3. 建ぺい率の適用除外の条件 建ぺい率の適用除外

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP