建ぺい率

建ぺい率の特例

建ぺい率の特例というのは、
建ぺい率が緩和されて
10%増える場合のことです。

これは、用途区域によるものではなく、
建物の立地条件と構造によります。
具体的に言うと、建ぺい率が80%の地域外で、
かつ、防火地域内にある耐火建築物は、
建ぺい率が10%増加されます。

また、特定行政庁の指定する街区の角地
やこれに準ずる敷地の場合も、
建ぺい率が10%加算されます。
上記両方に当てはまる場合は、
20%加算します。

ここで、建築用語が沢山出てきましたので、
少し説明を加えましょう。
まず「防火地域」ですが、これは、
都市計画法によって、都市防災上、
市町村によって指定される地域の一つです。

その地域に建てる建築物の構造の制限が、
最も厳しく制限されている地区のことです。
次に、「耐火建築物とは」です。

これは、耐火構造の建築物のことで、
これは建築基準法に定められた
構造をしていなくてはいけません。

「耐火構造」「準耐火構造」「防火構造」の
順に、構造の制限が緩くなっていきます。
それと、「特定行政庁」についてですが、
これは、建築主事という役所のある市町村では、
その市町村長で、建築主事の無い市町村では、
都道府県知事のことを指します。

建築主事とは、建築物の確認申請をする
役所のことです。
さて、このような建ぺい率の特例ですが、
これに加えて、さらに建ぺい率
適応除外というものがあります。
それについて、次に見てみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 敷地面積
  2. 建ぺい率の適用除外の条件 建ぺい率の適用除外
  3. 建ぺい率とは?

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP