トラス構造

剛性の高い鉄骨を、正三角形に組み、
立体的に構造を持たせたものがトラスです。
トラスには、平面トラス立体トラスがあります。

平面トラスは、同一平面内、
つまり鉛直方向の外力に抵抗するために、
鉛直方向の平面に配したトラスのことを言い、
これに対して、立体トラスとは、
同一平面に配するのではなく、
四角錐を為すように、上弦材下弦材の間に、
鉄骨を配するものであります。

いずれも、トラス構造なので、
長スパンの梁やスラブが設計可能です。
トラスの為す3角形の接合点は、
ピン接合でもトラス構造は保たれますが、
若干量の曲げモーメントとせん断力が生じます。

しかし、無視できる量なので、
複雑な曲面などを構成する場合は、
接合部にボールジョイントを使うことも
普通に可能です。

一般向けの住宅建築に、
トラスを使うというのは
なかなか無いことですが、
どうしても長いスパンの梁が欲しい時などは、
検討してみることも可能です。

その場合、スパンを支える柱と一体的に
ラーメンを考えつつ、その断面を
トラスにするように考えます。

この場合、柱も梁も、随分太くなるので、
エクステリアも同時に考慮して、
外観の優れた住居にすることが大切です。

鉄骨でトラスを組んであるその
構造美を生かせば、意外と美しい
建築物が出来るかもしれません。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!一軒家で鉄骨造りの関連記事
  • category
    一軒家で鉄骨造り

    軽量鉄骨というのは、 厚さ6mm以下の薄板を用いて、 曲がりにくい形をした断面の 鋼材として、柱や梁に使う工法です。 薄板なので、冷間加工して部材を 工場で生産します。

  • category
    一軒家で鉄骨造り

    鉄骨ラーメン構造に使われる 鋼材は軟鋼の一種で、重さが同じ 鉄筋コンクリートに比べると 5倍の強さがあります。 従って、柱と柱の間を長くして、 梁を長く取れるのです。