万全の防蟻対策でシロアリから家を守る

どんなに素敵なデザインの家を建てたとしても
シロアリの被害にあってしまっては
元も子もありません。
シロアリはゴキブリの一種であり、
木材だけでなく
プラスチックや鉄でさえも食べてしまう
恐ろしい生き物です。
日本は、全国どこでも生息していますので、
シロアリ対策が重要になってきます。

桧家住宅では万全の防蟻対策を施して、
家を守る仕様になっています。
まず、基礎に近い部分に使用する
土台・大引と呼ばれる部材に
防蟻材を加圧注入した木材を使用しています。

また柱、間柱、筋交いなどの構造材には、
地面から近い箇所の表面に
防蟻材を塗布しています。
さらに、家の外周にあたる基礎面より
20cmの範囲には、土壌処理を行う徹底ぶりです。
防蟻処理に使用する防蟻材は
人間に無害なものを使用していますので安心です。
防蟻については5年保証付きです。

桧家住宅のシロアリ対策として、
最も注目の点は、
土台と大引きに施される、
薬剤の浸透効果の高い加圧注入処理方式を
採用していることです。
加圧注入方式とは、木材を釜に入れ、
圧力をかけながら、
薬剤を木材内部に浸透させる方法です。

木材の深部まで薬剤を浸透させるので、
腐りやすい木材の外側まで守ることができます。
この方式に対して
木材に直接薬剤を塗布する方法では、
表面から2、3ミリまでしか
浸透することができません。
薬剤が揮発することも考えられますので、
加圧注入方式の方が長期間の耐
久性が期待できます。

防蟻対策安がされている桧家住宅の家であれば
安心して住むことができます。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅の特徴の関連記事