Wバリア工法でオールシーズン快適に暮らす。

新しい住宅に住んだら、
暑い夏も寒い冬も快適に
暮らしたいと思っている方は多いと思います。
桧家住宅の家は、
オールシーズン快適に暮らせる家になっています。

その理由は、Wバリア工法という
オリジナル工法を採用しているからです。
高気密高断熱であることは
今の時代当然となっていますが、
それに加え屋根と壁に
遮熱機能を備えたものがWバリア工法です。

まず、断熱材については
99%が空気でできている
アクアフォームを採用しています。
断熱材というものは、言い方を変えると、
対流しない空気のことを指します。
アクアフォームは水で膨らむ
発砲系の断熱材となりますので
しっかりと空気を含み
逃がさない仕組みになっています。
冬の暖房効率だけでなく、
夏場のエアコン効率にも大きく影響しますので、
快適に暮らすだけでなく、
光熱費の節約にも一役買っています。

遮熱については、
屋根にアルミを使用した遮熱材と
通気スペースを併用した構造を採用しています。
さらに壁には透湿機能の高いアルミの遮熱材を使用しています。
太陽光からの赤外線を約75%カットしますので、
室内の快適性を保つことができます。

Wバリア工法を採用することによって、
桧家住宅の家は高性能住宅となっています。
性能が高いため家中どこいっても同じ気温を保つ、
全館暖房が可能になります。
これは温度のバリアフリーとも言える効果だと思います。
小さな子供から高齢者まで、
季節を問わず全員が快適に暮らせる
桧家住宅の家はおすすめです。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅の特徴の関連記事