桧家住宅の特徴

桧家住宅の木材へのこだわり。

桧住宅を建てる場合の材木

 

木造住宅に使われる木材は、乾燥している材料ほど強度が強いと言われています。
中でも構造用集成材と呼ばれる材料は、ひとつひとつの材料が含水率15%以下になるように管理された乾燥材です。
さらに、曲がりなどが生じている材料を省いて適正な基準の材料を使用することが出来ます。

構造用集成材に対して、無垢材という材料があります。
一本の木をそのまま製材している材料ですので、一般的に未乾燥材が流通していることが多いものです。
未乾燥材を使用する際は、あらかじめ背割りと言われる溝を加工して使用することになります。

これは将来、材料に狂いが生じた際に、あらかじめ入れてある溝で狂いを吸収する仕組みです。
溝がはいる分、当然ですが材料の強度は落ちてしまいます。

桧家住宅では、住宅の強度を高めるため、乾燥材である構造用集成材を使用しています。
さらに、独自の乾燥技術で作成した無垢材のヒノキ柱も選択することが出来ます。
高い技術で作成した乾燥無垢材ですので、背割りの加工も不要です。
安心してお使いいただけます。

桧家住宅が木造にこだわる理由として、鉄よりも軽いことが挙げられます。
家自体の自重も軽くなりますので、地震の際の揺れ方も異なります。
また、鉄よりも木材の方が熱を伝えにくい性質を持っていますので、断熱性能の観点から考えても、木造住宅のメリットが大きいことがわかります。

桧家住宅のこだわりの木造住宅であれば、安心して末永く住むことが出来ます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 全棟長期優良住宅適合仕様
  2. 安定性があるベタ基礎が標準仕様です。
  3. 通気工法で湿気対策は万全です。
  4. 剛床工法で家のゆがみを抑えます。
  5. アルミ樹脂複合サッシで熱を逃がさない家
  6. 快適空間システム ココチE(ココチイー) 熱交換型の【快適空間システム ココチE(ココチイー)】で換気!
  7. リアルな大きさを体験できる住宅展示場
  8. Wバリア工法でオールシーズン快適に暮らす。

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP