廊下

間取りするときに、
忘れてはいけないのが階段廊下です。
これがなければ、部屋相互間の
移動が出来ません

部屋から部屋に廊下を使わず、
移動する方法も無きにしも非ずですが、
動線計画を立てる上で、
部屋から部屋の移動は、
通られる部屋の区画されている意味が、
薄くなってしまうので、
例外を除いて、廊下をつけた方が賢明です。

各部屋まで通ずるように、廊下を設けます。
この場合も、迷路のように複雑にするのではなく、
できるだけ直進だけで住む様にします。
なにであれ、住宅の場合は、
動線は短い方が良いです。

幅は、古来からの尺貫法を取って
半間でもいいのですが、最近の住宅の傾向を
見るにつけ、日本人体形の大型化に対応して、
それよりも広く取ることが多いです。

やみくもに広くするのではなくて、
尺貫法を守って、0.75間、即ち1365mmに
すると、設計上良いでしょう。

また、バリアフリー手摺をつける場合は、
その分、廊下が狭く感じられるので、
左右の出っ張りの分を見ておかねばなりません。

1365mmで狭いことはないですが、
どうしても、もっと広い廊下にしたい
というのであれば1間1820mmにしても、
悪くはないでしょう。

廊下の一角から、階段に通ずるようにします。
階段を部屋からつけるのは、
余程特殊な例ですので、
間取りするときは、あまり奇を衒わないように
しましょう。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家の間取り各論の関連記事
  • category
    家の間取り各論

    玄関は、その家のファザードのような 空間です。客はそこから出入りし、 玄関の雰囲気によって、家の雰囲気 ひいてはその家族の人柄までもが、 感じ取られる重要なスペースです。

  • category
    家の間取り各論

    居間は、家族の居室の中心的存在です。 全ての家族が出入りし、家族が集まる部屋です。 ですので、全ての部屋から出入りしやすい 位置に設けることが好ましいです。 広さは、家族の数によって異なりますが、 8~12畳くらいがベストでしょうか。

  • category
    家の間取り各論

    キッチンは、主婦の仕事場です。 最近の住宅は、キッチンが凝ったつくりで しかも広く、リビングダイニングキッチンに なっている場合が多いです。 また、主婦の動線を考えて、家事室や水周り と近接させることも重要です。

  • category
    家の間取り各論

    サニタリースペースとは、 トイレ・洗面所・風呂のことです。 いわゆる水周りという場所です。 よく、風呂はゆったりと広い方がくつろげる と思う人が居ますが、 家庭用の風呂の場合、そんなに広い風呂は、 あまり必要がありません。

  • category
    家の間取り各論

    寝室は、夫婦の夜の居室です。 寝室は寝食分離といって、食べる部屋と 分かれていなくてはならず、個人のプライバシーの 守られる場所として、確保されなければなりません。 そのため、防音の効いている部屋 であることが、求められます。

  • category
    家の間取り各論

    子供部屋は、子供が成長して 成人になるまで、使用される個室です。 ですから、18歳くらいの子供が 使用しても、無理のない間取りが 求められます。