子供部屋

子供部屋は、子供が成長して
成人になるまで、使用される個室です。
ですから、18歳くらいの子供が
使用しても、無理のない間取り
求められます。

子供が、母親の世話を離れて、
ひとり居室を持つようになるのが、
小学校の下学年とすると、
小学生から高校生くらいまで、
使用しなければなりません。

ですので、広さ的に言えば、
4.5畳~6畳程度
充分ではないでしょうか。

間取り的には、
子供はその部屋に寝起きし、
かつ、勉強する部屋なので、
プライバシーの保たれる静かな部屋
であったほうが好ましいです。

したがって、居間やダイニングとは、
別の場所に儲け、隣の部屋との間に
収納を設けるといいでしょう。

もちろん、重要な居室のひとつであるので、
南向きの部屋にしなければなりません。

また、子供が2人以上いる家は、
2人の年齢が離れていれば別ですが、
基本的には、同じ広さにして、
平等に部屋を設けるのが原則です。

部屋の大きさが、兄弟によって
異なっていたら、下手をすると、
子供の成長過程に、
こころの傷を持ってしまいかねません。
充分、注意しましょう。

なお、ゾーニング的には、
子供の寝室も兼ねているので、
リビング居間ゾーンと寝室子供部屋ゾーンに分けて
エスキスを練ると、上手くいくかもしれません。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家の間取り各論の関連記事
  • category
    家の間取り各論

    玄関は、その家のファザードのような 空間です。客はそこから出入りし、 玄関の雰囲気によって、家の雰囲気 ひいてはその家族の人柄までもが、 感じ取られる重要なスペースです。

  • category
    家の間取り各論

    居間は、家族の居室の中心的存在です。 全ての家族が出入りし、家族が集まる部屋です。 ですので、全ての部屋から出入りしやすい 位置に設けることが好ましいです。 広さは、家族の数によって異なりますが、 8~12畳くらいがベストでしょうか。

  • category
    家の間取り各論

    キッチンは、主婦の仕事場です。 最近の住宅は、キッチンが凝ったつくりで しかも広く、リビングダイニングキッチンに なっている場合が多いです。 また、主婦の動線を考えて、家事室や水周り と近接させることも重要です。

  • category
    家の間取り各論

    サニタリースペースとは、 トイレ・洗面所・風呂のことです。 いわゆる水周りという場所です。 よく、風呂はゆったりと広い方がくつろげる と思う人が居ますが、 家庭用の風呂の場合、そんなに広い風呂は、 あまり必要がありません。

  • category
    家の間取り各論

    寝室は、夫婦の夜の居室です。 寝室は寝食分離といって、食べる部屋と 分かれていなくてはならず、個人のプライバシーの 守られる場所として、確保されなければなりません。 そのため、防音の効いている部屋 であることが、求められます。

  • category
    家の間取り各論

    客間というと、床の間があって掛け軸が 掛かっているイメージがありますが、 お客さんを招き入れて、接待する 部屋ですので、洋式なら応接室です。 いずれについても、最重要な因子として、 お客様の動線を考えて計画するということが 挙げられます。