書斎

書斎は、一般家庭の住宅の場合、
旦那さんの居室として
使われることが多いです。

本棚を必要数入れられて、
パソコンとデスク一式を入れて、
少し余裕の持てる広さが必要です。

ただ、最近の住宅の傾向として、
書斎はパソコン部屋と
化していることが多いです。

これは、書斎に多くのスペースを割けない
広さの制限の中での家主のヒロイズムの
表出と考えられなくもなりませんが、
実際、多くの書棚が必要な旦那さんも、
少ないのかもしれません。

そういうことを踏まえて言えば、
省スペースのために削られた限度の広さは、
3畳程度ですが、まともに本棚とデスクを
置いたとすれば、8~10畳くらいあっても、
問題はないでしょう。

部屋は、必ずしも南面させる必要も無いですが、
できれば、旦那さんにも、暖かい日差しを
受けていただきたいので、できるだけ
南面させられるように計画しましょう。

相互位置としては、旦那さんの
プライベート・ルームとしての意味で、
寝室や子供部屋のある静かな空間に
設けるといいでしょう。

旦那さんも、一日仕事から帰って来て、
ひとりに成りたいときもあるのです。
階段の項でも少し述べますが、
寝室、子供部屋、書斎は、
プライベートな区画としてゾーニングし、
全て2階に持っていくとコンパクトに
間取りが出来るかもしれません。

平屋にするだけの広い土地があれば、
話は別ですが、そういう方法もあると、
御参考になさって下さい。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!家の間取り各論の関連記事
  • category
    家の間取り各論

    玄関は、その家のファザードのような 空間です。客はそこから出入りし、 玄関の雰囲気によって、家の雰囲気 ひいてはその家族の人柄までもが、 感じ取られる重要なスペースです。

  • category
    家の間取り各論

    居間は、家族の居室の中心的存在です。 全ての家族が出入りし、家族が集まる部屋です。 ですので、全ての部屋から出入りしやすい 位置に設けることが好ましいです。 広さは、家族の数によって異なりますが、 8~12畳くらいがベストでしょうか。

  • category
    家の間取り各論

    キッチンは、主婦の仕事場です。 最近の住宅は、キッチンが凝ったつくりで しかも広く、リビングダイニングキッチンに なっている場合が多いです。 また、主婦の動線を考えて、家事室や水周り と近接させることも重要です。

  • category
    家の間取り各論

    サニタリースペースとは、 トイレ・洗面所・風呂のことです。 いわゆる水周りという場所です。 よく、風呂はゆったりと広い方がくつろげる と思う人が居ますが、 家庭用の風呂の場合、そんなに広い風呂は、 あまり必要がありません。

  • category
    家の間取り各論

    寝室は、夫婦の夜の居室です。 寝室は寝食分離といって、食べる部屋と 分かれていなくてはならず、個人のプライバシーの 守られる場所として、確保されなければなりません。 そのため、防音の効いている部屋 であることが、求められます。

  • category
    家の間取り各論

    子供部屋は、子供が成長して 成人になるまで、使用される個室です。 ですから、18歳くらいの子供が 使用しても、無理のない間取りが 求められます。