地盤改良工事の種類

最近は家を買う際に地盤の事を心配される人が
多くなりました
。家自体の構造も重要ですが、
その下になる地盤についても十分な強度があるか
どうか確認する必要があります。

多くの住宅販売会社で、建物保証の観点から地盤
調査を必ず行い、地盤改良工事が必要な場合は施工
を行うようにしています
。第三者機関から地盤
調査結果を解析してもらい、保証をつけることが
できます。

地盤改良工事は地盤の不動沈下に対する保証をつける
ことができます。ちなみに調査した結果、地盤が耐力
を持っていることが確認できればそのままの状態で保
証がつきます。

建売住宅でもすでに地盤調査をして改良工事をしている
物件かどうか確認できます
のでぜひ販売会社にお問合せ
頂ければと思います。

地盤改良工事にはいくつかの種類があります。地盤の
表面付近の強度が不足している場合は表層改良工事を
施工します。また、一般的に住宅の地盤改良工事で用
いられているのは柱状改良工事です。セメントと
土をスクリューで回転させながら混ぜて地中に柱をつ
くる工事です。さらに、建物の規模や場所にもよります
が鋼管杭を施工する改良工事も存在します。

どの地盤改良工事もご注意頂きたい点は、あくまでも地
盤の不動沈下に対する強度を保証するもの
であり、地震
による地盤の変動に対する部分は免責事項となっております。

建替えの場合のように、昔から建物が存在していた土地
でも地盤調査の結果によっては改良工事が必要な場合が
あります。新たに建設する建物の規模や構造を踏まえて
データを解析しますので、調査してみないと結果が判り
ません。工事が必要となる場合に備えて資金計画を組ん
でおくことも大切
です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅に関する豆知識の関連記事
  • category
    住宅に関する豆知識

    将来に渡り、老若男女、障害のある方ない方すべての方が快適に使うことができるユニバーサルデザインというものがあります。 これは家にも当てはまります。ユニバーサルデザインの家はバリアフリーの家とは異なります。

  • category
    住宅に関する豆知識

    家を買う予定の方にとって大変重要なことがあります。それは家の耐震性です。地震大国の日本の住宅にとって耐震性は非常に重要なポイントになります。 では地震に強い家であるかどうか、どうやってチェックしたらよいかご存知でしょうか。