地震に強い家を買う

家を買う予定の方にとって大変重要なことがあります。
それは家の耐震性です。地震大国の日本の住宅にとって
耐震性は非常に重要なポイントになります。

では地震に強い家であるかどうか、どうやってチェックしたら
よいかご存知でしょうか。

まず、現在の耐震基準は昭和56年6月から適用されています。
この耐震基準に基づいて建てられた家であれば震度7クラスの
地震でも人命に危険が及ぶ倒壊などが起きないとされています。
阪神大震災で多くの家屋が倒壊しましたが、そのほとんどがこの
耐震基準が施行される前の基準で建築されていました。

ですので、中古住宅等を購入される際は昭和56年6月以降に新築
されているかどうか
が一つのポイントになると思います。

新築住宅の場合でもチェックするポイントがあります。
それは、壁の配置バランスです。2階建ての家で1階がワンフロアで
広く計画されている場合など、壁の量を少なく設定している場合があります。
ビルトインガレージを広く確保している場合なども同様です。

現行の建築基準法に適合している建物でも、耐震性能については
1棟1棟の建物で差がでてきます。より地震に強い家を求める場合は
壁量と配置バランスがとれている家であるか確認することをおすすめします。

また、最近では基礎についてもより耐震性に優れているベタ基礎を
採用する会社も増えてきました。従来の布基礎にプラスして平面を
コンクリートでつくる基礎になります。完成した家ですと、外側から
では確認できませんので、ぜひどのような基礎が採用されているか
ご確認頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅に関する豆知識の関連記事
  • category
    住宅に関する豆知識

    将来に渡り、老若男女、障害のある方ない方すべての方が快適に使うことができるユニバーサルデザインというものがあります。 これは家にも当てはまります。ユニバーサルデザインの家はバリアフリーの家とは異なります。