ユニバーサルデザイン

将来に渡り、老若男女、障害のある方ない方すべての方が快適に
使うことができるユニバーサルデザイン
というものがあります。

これは家にも当てはまります。ユニバーサルデザインの家は
バリアフリーの家とは異なります。対象を身体に障害のある方に
限定してしないことが決定的な違いです。

ユニバーサルデザインの家のポイントはまず、先に述べたように
どんな人でも公平に使えること
です。

具体的な例を考えてみると、家族の中で車椅子で生活されている方
がいる場合でも利用できるトイレを設置したり、楽に移動できる
ようなスペースを確保することもその一つです。

もっと小さな部分でも、玄関に手摺をもうけることだけでもユニバー
サルデザインの一つだと思います。

最近の住宅は耐久性能が向上し、長い年月を同じ家で過ごすことができる
ようになりました。最初は若かった建て主もいずれは年老いていきます。
年齢を重ねても生涯住み続けることができる家が求められています。

また、生活していく中で家族構成も変わります。小さいお子様もいれば、
二世帯同居をすることで年配の家族と暮らすことも想定できます。

いつまでも楽しく暮らせる家がほしいと皆さん考えていると思います。
その為に内装や外装をこだわって選ぶことも必要ですが、ユニバーサルデザインについて
もじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

ちょっとした工夫で家族みんながいつまでも楽に暮らせる家をつくることができますので
ぜひおすすめです。自分や家族に起こりうるであろう変化に備えた家を買う必要がある
思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅に関する豆知識の関連記事
  • category
    住宅に関する豆知識

    家を買う予定の方にとって大変重要なことがあります。それは家の耐震性です。地震大国の日本の住宅にとって耐震性は非常に重要なポイントになります。 では地震に強い家であるかどうか、どうやってチェックしたらよいかご存知でしょうか。