壁の外装

外壁の施工は、
トタン板などの板金やモルタル仕上げ、
あるいは窯業サイディングなどがあります。

トタン板は、亜鉛めっきした鉄の
金属板ですので経年劣化により
錆が出てくるのが欠点ですが、
コストは安いです。

ガルバリウム鋼板は、めっき層に
アルミニウムとシリコンと亜鉛が
含まれているので、トタンに比べて
耐久性がかなり良好ですが、
その分価格は割高です。

モルタル仕上げは、モルタルが
固まった後、塗料を吹き付けするので、
色が褪せてくるために、
定期的な塗り替えが必要です。

窯業サイディングは、
木材やセメントを
熱で整形して作る
サイディングボードを
貼り付けるものですが、
断熱や防火に優れ、最近の住宅の
メジャーな外装となっています。

金属サイディングという物もあり、
アルミの板に断熱材をつけた
サイディングボードを貼り付けるもので
断熱や防火に優れますが、価格が割高です。

このほか、鉄骨造りの外装などには、
PC板やALC板を使用しても良いです。

PC板はプレキャストコンクリート版の略で、
工場生産されたコンクリート板のこと0です。
ALC板は、オートクレーブドコンクリートの略で、
高圧高温養生のコンクリートのことです。

構造的には脆いですが、防音と断熱、防火
に優れた建築材料です。
外装をどうするかを考えるだけでも、
かなりの時間が必要とされることでしょう。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!一軒家の内装・外装の関連記事
  • category
    一軒家の内装・外装

    ある程度、外構の形が決まったら、 間仕切壁の位置を考えます。 間仕切壁は、耐力壁とはならないので、 特に、鉄筋コンクリートなどの場合は、 一度建てた後に、間仕切壁だけ、 軽量下地を組み立ててつけることが可能です。

  • category
    一軒家の内装・外装

    そこまでコストが掛けられないという 一般の方々は、壁紙を好きな模様にしましょう。 壁紙の下には、下地材を組んだ上に 石膏ボードやベニヤ板、珪酸カルシウム板 などを打ち付けてその上に、 壁紙を貼り渡します。

  • category
    一軒家の内装・外装

    屋根に付いてですが、 まず切り妻、寄棟、入母屋などの 大きな形を決めねばなりません。 マンサードや腰折れなどの 凝った形の屋根もありますが、 普通は、切り妻、寄棟、陸屋根の いずれかでしょう。 次に葺き材を決めます。