道路斜線制限

敷地面積ぎりぎり一杯の建物
建てられないのは、建築面積の規定のほかに、
この斜線制限の規制があるからです。

道路斜線制限とは、
道路からの距離と建ててよい建物の高さ
比例して大きくなるという規制です。

具体的に言いますと、
低層・中高層住居専用地域においては、
1.25L
商業・近隣商業・準工業・工業・工業専用地域に
おいては1.5L

となっています。

このとき前面道路の何処から
計数するかといいますと、
前面道路の反対側、つまり家の建っている向こう側の
道路の端のラインからです。

また、基本的なセットバックとして、
前面道路との敷地境界線から
建物が引っ込んで建てられている場合、
前面道路の手前側の端から建物が建っている点までの
水平距離のぶんだけ、斜線制限の計算上の始点が、
向こう側に引っ込みます

具体的な例を話すと、
4mの前面道路に接している
低層住居地域の住宅で、
壁面が道路から5m引っ込んで
建てられているとします。

そのとき、前面道路に対して、
建物の建築しても良い高さは、
1.25×(14+L)

(ただしLは、道路側の壁から建物側へ向かっての距離)
この道路斜線制限には、
2つ以上の幅員の異なる道路に面している場合や、
湖や川、公園などに面している場合、
前面道路が敷地より高低差がある場合、

など、細かい例外が蓮築基準法により
定められていますが、それらを詳説するのは
この記事の目的ではないので、ここまでの
説明といたします。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!斜線制限の関連記事
  • category
    斜線制限

    このほかに、隣地斜線制限というものが 定められています。 これは、普通の住宅にはあまり関係の無い 規制で、建物の高さが高くなったときに、 関係が出てくるものです。

  • category
    斜線制限

    ここまで建築面積はどう算出するのか、 そして、その算出した値は、街の中で どのような意味を持つのかを見てきました。 これから以下の項は、敷地内の話を することにします。

  • category
    斜線制限

    道路斜線制限ほどではないですが、 2階建ての建物になると、 気に掛かってくるのが北側斜線制限です。 これは、建物の北側の高さに 規制を掛けて、隣地の日当たりを 確保しようとするものです。