斜線制限

ここまで建築面積はどう算出するのか、
そして、その算出した値は、街の中で
どのような意味を持つのかを見てきました。
これから以下の項は、敷地内の話を
することにします。

建ぺい率が満たされていれば、
どんな建物でも建てていいのかと言うと、
そうではないからです。

先に触れた容積率の条件のほかに、
斜線制限という条件が出てくるのです。
斜線制限は、主に三つあります。
ひとつは道路斜線制限で、前面道路
からの高さ制限になります。

もうひとつは、北側斜線制限で、
建物の北側の高さ制限になります。

最後に、隣地斜線制限で、道路のない
隣地境界線からの高さ制限になります。
もっとも重要な規制が、道路斜線制限です。

建物の建つ敷地は、原則として、
必ず幅員4m以上の前面道路
2m以上接していなくてはいけません。
これは、住宅の車での出入りを想定して
このようになっているのです。

古い町並みでは、古い道路が、
密に軒を連ねる中、張り巡らせられていますが、
このような場合、道路の幅員が4mに満たない場合
存在します。
しかし、そういうケースは稀で例外ですので、
基本的には、前面道路4m以上6m未満
の幅員が必要であることを、
覚えておいてください。

では次の項で、道路斜線制限とはどういうもの
なのかを、説明することにしましょう。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!斜線制限の関連記事
  • category
    斜線制限

    敷地面積にぎりぎり一杯の建物が 建てられないのは、建築面積の規定のほかに、 この斜線制限の規制があるからです。 道路斜線制限とは、 道路からの距離と建ててよい建物の高さが 比例して大きくなるという規制です。

  • category
    斜線制限

    このほかに、隣地斜線制限というものが 定められています。 これは、普通の住宅にはあまり関係の無い 規制で、建物の高さが高くなったときに、 関係が出てくるものです。

  • category
    斜線制限

    道路斜線制限ほどではないですが、 2階建ての建物になると、 気に掛かってくるのが北側斜線制限です。 これは、建物の北側の高さに 規制を掛けて、隣地の日当たりを 確保しようとするものです。