快適空間システム ココチE(ココチイー)

現在、建築基準法で
住宅内部における24時間の計画換気
義務づけられています。
その計画換気を行うための換気扇には
様々な種類があります。

桧家住宅で採用している換気システムは、
第一種換気とよばれる方式で、
給気も排気も機械を使って行っています。
その中でもオリジナル換気システムとして、
快適空間システム ココチE(ココチイー)を
搭載しています。

このオリジナル換気システムの最大の特徴は、
熱交換型のシステムであることです。
従来の換気扇の場合、
外気をそのままの温度で室内に取り込みますので、
室内の温度に変化を及ぼします。
特に、夏場や冬場ですと、
冷暖房効率にも悪影響を与える可能性があります。
そこで、熱交換型の換気システムを採用することで、
外気を直接室内に入れずに、
熱と湿度を交換するので断熱性と気密性を損なうことなく、
家全体の空気を入れ替え可能になります。

また、熱交換型の換気扇の中でも、
桧家住宅のオリジナルシステムの特徴として、
独自開発した床下ダクト換気であることが挙げられます。
従来ですと、換気システム自体を
天井裏に設置することが多かったのですが、
これを床下に設置可能にしてありますので場所も取らず、
かつ掃除などのメンテナンスも
容易にできるようになっています。
また、床下で作動した際の振動、
音へ対策も万全ですので快適に使用できます。

熱交換率約70%という高性能なシステムは、
快適な住環境をつくるためには
無くてはならない設備ですので、
ぜひ体感して頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!桧家住宅の特徴の関連記事