住宅ローンのフラット35について

家を買う予定の方の多くが住宅ローンを利用して
代金の支払いをすると思います。ローンにはいく
つかの種類がありますので、各商品の特性を踏まえて
商品選択をして頂ければと思います。

まず、長期間金利固定のフラット35があります。
これは、住宅金融支援機構が行っている融資になります。
窓口は各金融機関になります。金利については、窓口の
金融機関によって若干の違いがあります。

フラット35のメリットは金利が35年間一定であることです。
返済の予測ができますので、家を建ててからの家計の状況を
想定することができます。

通常の金融機関のローンと審査基準が異なることもメリット
となる場合があります。例えば、勤続年数が短い方でも、職場
から、勤務した期間だけの収入証明書を取得すれば審査可能です。
また、勤務形態が正社員だけでなく、その他の扱いの方でも利用
可能
になります

また、年収に対する住宅ローンの年間支払い額で見る年返済率が、
年収400万円以下の方は30%以下、年収400万円以上の方は35%以下まで
借入可能
になります。このように、目安が公表されているところも
一般の金融機関の住宅ローンとは異なるところです。

さらに、住宅ローンを利用する際は、一般的には団体信用生命保険
に加入する必要があります。これは金融機関が保険料を負担して加入
するものになりますが、フラット35の場合は任意での加入になり、
保険料の負担は個人になります。例えば、過去の病歴などで保険加入
ができない人ですと一般の金融機関の住宅ローンは利用できません。
しかし、フラット35ですと任意での保険加入ですので、加入しないで
借入が可能になります。

このように、一般の住宅ローンとは違い、消費者が利用しやすい
フラット35をぜひご活用頂ければと思います。長期間の固定金利ですので、
若干金利は高め
ではありますが、安心料として考えて頂ければよいかと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローンを組んで家を買おう!の関連記事