変動金利と固定金利

これから住宅ローンを利用して家を買う予定の人は
変動金利と固定金利というフレーズを聞いたことが
あると思います。

変動金利は当初の金利がとても低く設定されています。
金利は半年に一回見直しがされます。金利は低いですが
その名の通り変動するリスクを伴います

固定金利とは一定の期間金利が固定されます。一般的に
3年固定、5年固定、10年固定といった商品があります。
最近では金融機関によっては2年固定という商品も発表
されています。固定期間中は金利が一定ですので安心です。
ただし変動金利よりも金利が高い設定になっています。
固定期間終了時は再度金利を選択することができます。
しかし、手続きをしないと変動金利に自動的に切り替わ
ので注意が必要です。

変動金利と固定金利のどちらを選択しても、将来の金利
変動のリスクを検討しなければなりません
。一般的に金
利が上昇する場合は社会の景気も良くなっていると考えら
れますので、マイナス点ばかりではありません。最初だけ
でも低金利のローンを利用してその間に貯蓄をして、金利
切り替えのタイミングで繰り上げ返済をする方法もおすす
めです。

住宅は高額商品ですのでローンの借入金額も大きくなりま
す。当初の返済金額を低くすることだけに気を取られず、
長い目でみて商品を選択していただければ幸いです。

なお、どちらの商品も金利の切り替えのタイミングが手続き
した次の日から内容が反映される金融機関もあれば、反映ま
でタイムラグがある金融機関もありますので、事前に確認し
ておくと安心かと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローンを組んで家を買おう!の関連記事