繰り上げ返済を活用しよう。

住宅ローンの賢い借り方をご存じでしょうか。
一般的に手持ち金を拠出して
住宅ローンの利用額を少なくしようと考えます。
しかし、家庭によっては
子供の学費などに手持ち金をのこしておきたい、
車の購入費としてとっておきたい、
などの様々な事情があると思います。

また、借り入れ年数についても
あまり長い期間の借り入れにするのは
不安だと思っている方も多いようです。
しかし、借り入れ年数を短くするとその分、
毎月の返済額が高くなってしいますので、
返済ができないといったことで
悩んでいる方が多いようです。

そこでおすすめなのが繰り上げ返済です。
繰り上げ返済は、元金を返すことになりまので、
その分利息を軽減することができます。
具体的には、
繰り上げ返済を行った分
借り入れ年数を短くすることができるのです。
35年で借り入れを起こしたものが、
繰り上げ返済をすることで
30年まで短縮することも可能だと思います。
この繰り上げ返済の効果は、
計画当初に自己資金を拠出した場合と
同じような効果があります。

事情があって最初に自己資金をだせなかった場合でも、
後ほど繰り上げ返済を行うことでメリットがあります。
また、ここで重要になるのが
繰り上げ返済の時期です。
手持ち金が貯まったらすぐにでもしたいところですが、
金融機関によって金利固定期間中に繰り上げ返済する場合は
手数料が高額になる場合もあるようですので、
タイミングを最初から計画しておく必要があります。
ぜひ参考にして頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローンの賢い返済の仕方の関連記事