団体信用生命保険

住宅ローンの申込みの際に重要になってくることに、
団体信用生命保険があります。
団体信用生命保険は、
住宅ローンの申込み人に万が一のことがあって
死亡した際に残債が0円になる仕組みです。
この生命保険は金融機関が保険料を負担する物ですので、
申込み人の負担はありません。

住宅ローンを利用する際は基本的に
この団体信用生命保険に加入できることが条件になります。
加入するには、現在の健康状態に加えて
過去の病気のことなども申告する必要があります。
虚偽の申告をすると万が一の場合に
保険が適用とならない場合がございますので
注意してください。

住宅ローンを連名で利用する場合は、
二人とも団体信用生命保険に加入する必要があります。
その場合は、
年収割合などで保険の割合も決めることができます。
過去の病歴などで
仮に団体信用生命保険に加入できない人の場合は、
連帯債務者に100%の割合で加入することで
ローン利用できる場合もありますので
金融機関にご確認下さい。

なお、団体信用生命保険に加入しないで
住宅ローンを利用する方法としては、
フラット35という融資があります。
フラット35は団体信用生命保険への加入任意ですので、
利用できる人の幅が広いのが特徴です。

保険に加入することもできますが、
保険料は借り入れ人の負担となります。
年払いですが借り入れ残高が少なくなると、
保険料も安くなります。
フラット35を利用することで保険に加入できない人でも
マイホームの夢をかなえることができます。
ぜひご活用して頂ければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローン基礎知識の関連記事
  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを借りる場合は、まず金融機関に仮審査申し込み用紙を提出するところから始まります。仮審査をすることで、申し込み人がどのくらいの額のローンが利用可能かを知ることができます。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    これから家を購入しようと考えている方のほとんどの方が住宅ローンを利用する予定でいると思います。しかし、住宅ローンの仕組みを理解されている方は意外と少ないと思います。特に変動金利と固定金利の違いをご存じの方は少ないと思います。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの返済がいつからスタートするかご存知の方は少ないと思います。当然家を購入した後から返済がスタートするとほとんどの方が思っているはずです。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの用語の中でつなぎ融資というものがあります。金融機関によって利用できる場合とそうでない場合がありますが、大変便利な制度です。ぜひご利用して頂ければと思います。 住宅ローンは本来土地と建物に抵当権を設定してローンを実行します。