ローン控除を活用しよう。

住宅ローンを利用する場合に
必ずチェックしていただきたい項目に
住宅ローン控除があります。
その年の年末に金融機関から送られてくる
住宅ローンの残高証明書に記載されてい残高に対して、
規定の割合が各自納めている所得税の範囲内で
控除される仕組みになっています。
ご注意いただきたい点は、
ローンを利用されて初めての年は、
確定申告を税務署にて行う必要があります。

確定申告時に提出する書類について
確定申告の会場にて用紙をもらい記入する方法と、
パソコンを利用して
事前に書類を作成して持参する方法があります。
パソコンで種類を作成する場合は、
インターネットに接続できる環境が必要です。
またネット環境がある場合は所定の手続きをすることで、
ネット上で申告することも可能です、
詳しい手続き方法は
税務所のホームページで確認できます。

二年目からは、
お勤め先で行われる年末調整の際に申告することが可能になります。
その際は税務署から予め送られてくる
給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書を
提出して下さい。

住宅ローン控除は、
ローンを利用した年によって最大控除額に違いがあります。
これから住宅ローンを利用する予定の場合は、
事前にその年の最大控除額を確認して頂ければと思います。

高額な住宅ローンを利用している場合は、
ローン控除後に還付される金額が
返済の大きな助けになります。
ローンを連名で利用している場合は、
各利用者それぞれが申告する必要がありますので、
忘れずに利用するようにして下さい。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローン基礎知識の関連記事
  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを借りる場合は、まず金融機関に仮審査申し込み用紙を提出するところから始まります。仮審査をすることで、申し込み人がどのくらいの額のローンが利用可能かを知ることができます。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    これから家を購入しようと考えている方のほとんどの方が住宅ローンを利用する予定でいると思います。しかし、住宅ローンの仕組みを理解されている方は意外と少ないと思います。特に変動金利と固定金利の違いをご存じの方は少ないと思います。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの返済がいつからスタートするかご存知の方は少ないと思います。当然家を購入した後から返済がスタートするとほとんどの方が思っているはずです。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの用語の中でつなぎ融資というものがあります。金融機関によって利用できる場合とそうでない場合がありますが、大変便利な制度です。ぜひご利用して頂ければと思います。 住宅ローンは本来土地と建物に抵当権を設定してローンを実行します。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを利用する場合は、月々返済のみの場合とボーナス併用払いの場合とで二つ種類があります。ボーナス払いは基本的に年二回あります。 ボーナス払いの月は通常の毎月払いの分に加えてボーナス払い分をあわせて返済しますので負担が大きくなります。