仮審査に必要な書類

住宅ローンを借りる場合は、
まず金融機関に仮審査申し込み用紙を提出するところから始まります。
仮審査をすることで、
申し込み人がどのくらいの額の
ローンが利用可能かを知ることができます。
ぜひ、これから住宅の購入を考えている方がいれば
早めの仮審査をおすすめします。
計画初期で借り入れ可能額がはっきりしていると
予算も確定しますので、
あとで資金計画が狂うこともありません。
安心して計画を進めることができます。

では、仮審査をする場合に
必要となる書類についてご説明します。
まず、本人確認書類として
運転免許証や健康保険証の写しを提出します。
また収入の資料として源泉徴収表の提出が求められます。
源泉徴収表は昨年のもので結構です。
女性の方で産休に入っているかたなどは
一昨年前のものをお願いされるケースもあります。

そして購入予定の物件資料が必要となります。
金額のわかる資料のほか、
一般的には土地の公図や登記簿、
建設予定の建物資料などが必要ですが、
仮審査の場合は不動産会社の広告などでも可能な場合があります
ので金融機関にご確認ください。

書類がそろったら、
各金融機関に用意してある申込書に記入することになります。
その際に夫婦でローンを申し込みする場合は連名で記入します。
もし、親名義の土地に新築する場合などは、
土地所有者が担保提供者または連帯保証人となります。
あわせてご記入いただくことになります。
金融機関とのやりとりについては
不動産会社やハウスメーカーが代行して行ってくれますので、
依頼するのも良いかと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローン基礎知識の関連記事
  • category
    住宅ローン基礎知識

    これから家を購入しようと考えている方のほとんどの方が住宅ローンを利用する予定でいると思います。しかし、住宅ローンの仕組みを理解されている方は意外と少ないと思います。特に変動金利と固定金利の違いをご存じの方は少ないと思います。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの返済がいつからスタートするかご存知の方は少ないと思います。当然家を購入した後から返済がスタートするとほとんどの方が思っているはずです。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの用語の中でつなぎ融資というものがあります。金融機関によって利用できる場合とそうでない場合がありますが、大変便利な制度です。ぜひご利用して頂ければと思います。 住宅ローンは本来土地と建物に抵当権を設定してローンを実行します。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを利用する場合は、月々返済のみの場合とボーナス併用払いの場合とで二つ種類があります。ボーナス払いは基本的に年二回あります。 ボーナス払いの月は通常の毎月払いの分に加えてボーナス払い分をあわせて返済しますので負担が大きくなります。