固定金利型住宅ローンについて

住宅ローンを利用する際は
やはり金利が気になりますよね。
金利が低いローンを利用したいと
みなさん思っているはずです。
それは当然のことだと思います。
利息の負担ほど大きなものはありません。
そんなときに陥りやすい失敗例として、
短期間の当初固定金利型住宅ローンを利用するケースです。
当初はやすい金利で利用できる固定金利型のローンは
当初の固定金利期間が終了すると変動金利に切り替わります。
その時期に忘れずに手続きを行うことで
再度固定金利を選択できる場合もありますが、
失念するとリスクが高い変動金利へと
切り替わってしまいます。

そうなると返済額がアップしますし
半年ごとに金利が変動しますので、
リスクが高くなってしまいます。
住宅ローンを利用する際は借りたら借りっぱなしではなく、
定期的に状況をチェックすることが必要になります。
金利は変動します。
誰にも予測はできません。
しかし、そのリスクに備えることはできます。

たとえば、当初固定金利型の商品を選択した場合、
金利の切り替えの時期に繰り上げ返済する為、
当初の安い金利の間に貯蓄をおこなうことも有効です。
将来金利が上昇しても繰り上げ返済をすることで
借り入れ期間を短くすることが可能になります。
どんどん利息を軽減するチャンスになりますので
有効活用して頂ければと思います。

住宅ローンで注意が必要な点は、
今だけの金利をみて判断するのではなく
自分自身の収入や貯蓄計画とをあわせて検討していくことです。
新居での楽しい生活を送るためには、
しっかりとした計画をたててから、
ローンの実行をしていただければと思います。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!住宅ローン基礎知識の関連記事
  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを借りる場合は、まず金融機関に仮審査申し込み用紙を提出するところから始まります。仮審査をすることで、申し込み人がどのくらいの額のローンが利用可能かを知ることができます。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    これから家を購入しようと考えている方のほとんどの方が住宅ローンを利用する予定でいると思います。しかし、住宅ローンの仕組みを理解されている方は意外と少ないと思います。特に変動金利と固定金利の違いをご存じの方は少ないと思います。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの返済がいつからスタートするかご存知の方は少ないと思います。当然家を購入した後から返済がスタートするとほとんどの方が思っているはずです。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンの用語の中でつなぎ融資というものがあります。金融機関によって利用できる場合とそうでない場合がありますが、大変便利な制度です。ぜひご利用して頂ければと思います。 住宅ローンは本来土地と建物に抵当権を設定してローンを実行します。

  • category
    住宅ローン基礎知識

    住宅ローンを利用する場合は、月々返済のみの場合とボーナス併用払いの場合とで二つ種類があります。ボーナス払いは基本的に年二回あります。 ボーナス払いの月は通常の毎月払いの分に加えてボーナス払い分をあわせて返済しますので負担が大きくなります。