耐力壁について1

ここで、必要な耐力壁の量について、
書いておこうと思います。
日本の住宅は、法律によって
必要な耐震構造が決められています。

それは、木造とラーメン構造では異なりますが、
木造の場合、各階の床面積によって、
決まります。これは、床面積の倍数の長さ
壁量が必要ということですが、その倍数は、
屋根の重さによって変わってきます。

たとえば、瓦葺の屋根の2階建ての建物ですと、
1階が床面積に33、2階が床面積に21をそれぞれ
掛けた長さの壁量が必要ということです。
この壁量に対する実際に必要な軸組の長さは、
軸組みの強度によって、変わってきます。
900×150(mm)の筋交いを入れた軸組の壁倍率が1で、
900×300(mm)の筋交いの軸組ですと壁倍率が1.5です。
900×450(mm)の筋交いの軸組ですと壁倍率が2.0です。

これはどういうことかと言いますと、
必要な壁量を壁倍率で叙した値が、
実際に必要とされる壁の長さとなります。

たとえば、100平米の一階床面積の、
2階建てスレート瓦屋根平屋の必要壁量は、
100×11(倍数)=1100(cm)=110(m)
この必要壁量の耐力壁を、たとえば全て、900×450(mm)の
たすき掛け筋交いの壁で施工する場合は、
110/4(壁倍数)=27.5(m)
必要ということになります。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!間取りとは何かの関連記事
  • category
    間取りとは何か

    では、間取りとは、何でしょうか? Wikipediaによると 「完成した建築物の内部における部屋や区画の配置」 とあります。 部屋や区画は、間仕切壁で仕切られています。 したがって、部屋の配置は、 壁の配置でもあります。

  • category
    間取りとは何か

    さまざまな部屋の種類がありますが、 一般的に、住宅に必要な部屋の種類は、 何でしょうか? 筆者が考えるに、それは最低限、 住んでいる人数分の居室と、収納スペース、 サニタリースペース(水周り)とキッチン、 そして玄関が、要求される部屋であ…

  • category
    間取りとは何か

    さて、設計をする場合には、 まず外構条件というものを考えます。 道路の位置と日当たりから、 建物の位置と外構の形を考えます。 庭は、他の近隣の建物の条件の さまたげがないかぎり、南に持ってきます。

  • category
    間取りとは何か

    次に、部屋の相互位置についてですが、 まず生活動線というものを考えます。 動線とは、人の可能な足取りの線 ということです。住んでいる人々が、 歩く行動の足跡です。 ですから、まず玄関から 考えねばなりません。

  • category
    間取りとは何か

    ところで木造の場合、壁量を決める要素が もうひとつ存在して、風力に対する耐性の計算を しなければなりません。 建物の桁行き方向の見付け面積により。 梁間方向の壁量が決まり 梁間方向の見付け面積により 桁行き方向の壁量が決まります。