間取りとは何か

耐力壁について1

ここで、必要な耐力壁の量について、
書いておこうと思います。
日本の住宅は、法律によって
必要な耐震構造が決められています。

それは、木造とラーメン構造では異なりますが、
木造の場合、各階の床面積によって、
決まります。これは、床面積の倍数の長さ
壁量が必要ということですが、その倍数は、
屋根の重さによって変わってきます。

たとえば、瓦葺の屋根の2階建ての建物ですと、
1階が床面積に33、2階が床面積に21をそれぞれ
掛けた長さの壁量が必要ということです。
この壁量に対する実際に必要な軸組の長さは、
軸組みの強度によって、変わってきます。
900×150(mm)の筋交いを入れた軸組の壁倍率が1で、
900×300(mm)の筋交いの軸組ですと壁倍率が1.5です。
900×450(mm)の筋交いの軸組ですと壁倍率が2.0です。

これはどういうことかと言いますと、
必要な壁量を壁倍率で叙した値が、
実際に必要とされる壁の長さとなります。

たとえば、100平米の一階床面積の、
2階建てスレート瓦屋根平屋の必要壁量は、
100×11(倍数)=1100(cm)=110(m)
この必要壁量の耐力壁を、たとえば全て、900×450(mm)の
たすき掛け筋交いの壁で施工する場合は、
110/4(壁倍数)=27.5(m)
必要ということになります。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 間取り
  2. はじめに:間取りとは?
  3. 部屋の間取りで失敗しない!部屋の種類 部屋の種類~失敗しない間取りの基礎~
  4. 庭と建物
  5. 耐力壁について2
  6. 部屋の相互位置
  7. エスキスを作ろう

おすすめ記事

抵当権設定登記と団体信用生命保険って何? 抵当権・団体信用生命保険って何だろ?簡単解説。

今回は住宅ローン関連で一度は聞いたことのある「抵当権」と「団体信用生命保険」についてです。 若干…

住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する! 住宅ローンは最初の計画をしっかり立てないと失敗する!

家の購入・建てようと考えている方の多くは、住宅ローンについて心配しているのではないでしょうか。 …

家を買う前にチョットしておきたい最近の住宅事情とトレンド チョット知っておきたい!現在の住宅事情とトレンド

人々の生活スタイルが変わるとともに、住宅についても変わってきています。 従来の住宅ではなかったバ…

家を買う前にチェック必須の知識!メンテナンスやシロアリ対策・地盤調査 家を買う前にチェック必須の知識!メンテや対策等

様々な種類の家がありますが、どんな家にも共通の必ず覚えておくべきことがあります。 買う前に対策や…

家を買った後に覚えていきたいこと 家を買った後に覚えておきたいこと

ようやく憧れだったマイホームを手に入れたとします。ですが、人生はまだまだあります。せっかく家を買…

失敗しないための住宅ローン講座 失敗しないための住宅ローン講座

数百万、数千万もする家をキャッシュ一括で購入する人は…ほとんどいないと思います。 多くの方が住宅…

おすすめ記事

  1. 桧家住宅なら【固定階段付小屋裏収納】を活用しよう。 家を建てるなら考えたい固定階段付小屋裏収納
  2. 家を建てる際に知っておきたい【法規制】 家を建てる時に知るべき法規制
  3. エコを取り入れた薪ストーブや太陽光発電システムの家を紹介 エコ住宅の超定番。薪ストーブと太陽光発電システムの家を建てる
  4. 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす! 家を建てる為の情報収集が後悔を減らす!
  5. 失敗しないための家を建てる事前準備を解説! 失敗しない為の家を作る前の事前準備
  6. 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】 家を買う・建てる前に知っておきたい【トラス構造】
PAGE TOP