エスキスを作ろう

このように、部屋決めをするにしても、
様々な因子が絡んできて、
そう一筋縄にはいかないものだと
判っていただけたと思います。

したがって、難しい構造計算や、動線計画は、
建築事務所に任せておいて、
簡単なエスキスだけを、一般人のわれわれは、
考えるべきかもしれません。

エスキスとは、
設計図の原案のことを言います。
エスキスも細部を詰めれば
設計図に近くなって難しくなるので、
部屋の相互位置部屋の最低限の広さ
あるいは、建物の外構の形など、
自分の出来る範囲で、いろいろ考えてみると、
面白いかもしれません。

そのときに、各部屋の特色ですとか、
どのような種類の部屋が必要ですとか、
ということが、なかなか判らないかもしれません。

そこで、以下の項では、
各部屋部屋に付いて、ごく簡単に、
広さや特色などを、述べていきますので、
自分で家を新築なさる場合には、
ご参考になってください。

これは、あくまで一般的な基本なので、
かならずこの記事に従わなくてはならない
というものではありません。
この記事をもとに、いろいろ考え
深めていっていただけたら良いと思います。

あくまで、家族の住む家なので、
家族で相談しあって、家族が住みやすい
住宅にせねばなりません。
それは、その家族特有の独自な
住宅になるかもしれせん。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!間取りとは何かの関連記事
  • category
    間取りとは何か

    では、間取りとは、何でしょうか? Wikipediaによると 「完成した建築物の内部における部屋や区画の配置」 とあります。 部屋や区画は、間仕切壁で仕切られています。 したがって、部屋の配置は、 壁の配置でもあります。

  • category
    間取りとは何か

    さまざまな部屋の種類がありますが、 一般的に、住宅に必要な部屋の種類は、 何でしょうか? 筆者が考えるに、それは最低限、 住んでいる人数分の居室と、収納スペース、 サニタリースペース(水周り)とキッチン、 そして玄関が、要求される部屋であ…

  • category
    間取りとは何か

    さて、設計をする場合には、 まず外構条件というものを考えます。 道路の位置と日当たりから、 建物の位置と外構の形を考えます。 庭は、他の近隣の建物の条件の さまたげがないかぎり、南に持ってきます。

  • category
    間取りとは何か

    次に、部屋の相互位置についてですが、 まず生活動線というものを考えます。 動線とは、人の可能な足取りの線 ということです。住んでいる人々が、 歩く行動の足跡です。 ですから、まず玄関から 考えねばなりません。

  • category
    間取りとは何か

    ここで、必要な耐力壁の量について、 書いておこうと思います。 日本の住宅は、法律によって 必要な耐震構造が決められています。 それは、木造とラーメン構造では異なりますが、 木造の場合、各階の床面積によって、 決まります。